子宮頸がん予防啓発活動「デイジープロジェクト」のWebサイト制作事例



report 2016.11.28

クリエイティブマムズリンクでは、2016年9月中旬~11月1日かけ、子宮頸がん予防啓発活動「Daisy Project(デイジープロジェクト)」のWebサイト制作(PC・スマホ)のお仕事をさせて頂きました。
 
今回は、制作チームとして遠隔地に住む4人の女性フリーランス(ママを含む)が参加。自営・自律型テレワーク事例としてご紹介いたします。
 

制作メンバーのご紹介

・ディレクター兼ライター
石井美貴/東京都在住/子供1人 0歳10ヶ月(自宅保育)

 

・コーダー
田中聖礼/神奈川県在住/子供3人 13歳(中学1年生)、11歳(小学5年生)、2歳2ヶ月(自宅保育)

 

・デザイナー
寺尾友里/東京都在住

 

・イラストレーター
細野由季恵/東京都在住/子供2人 4歳6ヶ月(保育園)、1歳6ヶ月(保育園)

 
今回の制作メンバーは、育児をしながら仕事をしているメンバーが大半。
 
そのため、直接顔を合わせての打ち合わせはなくオンライン会議を1〜2回程度行い、チャットを使ってほとんどの作業を進め、1ヶ月半という短期間でリリースにこぎつけました。
 

プロジェクトの体制について

今回のプロジェクトは以下の体制で進行しました。
 
%e6%b4%bb%e5%8b%95%e5%a0%b1%e5%91%8a%e6%9b%b8-001
 
タスクや情報管理はGoogle Driveのスプレッドシートを、デイリーの連絡はchatworkを使用。
 
また、今回はほとんど行いませんでしたが、オンライン会議では、複数人で顔を合わせて打ち合わせがしやすいVSeeを利用しました。
 
制作中のフィードバックなどは、チャットワークに直接書くだけでなく、スプレッドシートに整理してからチャットワークに連絡するという体制で行ったため、比較的情報の漏れがなく進行できたと言えます。
 

育児と仕事の両立の事例

ディレクター兼ライターを務めた私が、どのように作業を進めたのかについてご紹介します。
 

======1日のスケジュールの例======

・6〜8時:子供の離乳食作り、家の掃除

・8〜9時:タスク・作業の進行状況確認と指示/ 昨日更新されたデータのフィードバック

・9時〜13時:子供のスイミング・お昼ご飯
*手が空いた時に連絡確認

・13時〜15時:寝かしつけできれば作業、できなければ子供と遊ぶ
*手が空いた時に連絡確認

・15時〜17時:洗濯物取り込み、買い物、夕食作り、夕食 etc

・17時〜18時:簡単な作業、連絡確認

・18時〜19時:子供とお風呂、寝かしつけ

・20時〜24時:旦那のご飯の準備、洗濯物しつつ本格的な作業

==============================

 

日中は連絡の確認がメイン。子供が寝た時や一人遊びしている少しの時間、手を動かす作業を行っていました。

 

本格的な作業は夜の20〜24時。この時間に何をやるかと日中頭の中で整理して作業に取り掛かるという流れになります。

 

ただし、他のメンバーは日中に作業していることもあるので、朝一に作業のお願いなどは連絡し、メンバーの手が止まらないように心がけました。

 

また、「誰がいつ何をやるべきなのか」が漏れないよう、チャットで連絡するだけでなく、Google Driveを活用し、記録を残しながら伝達することをプロジェクトのルールにしていたので、比較的効率よく進められたと感じています。
 

今回の制作で見えてきたテレワークのメリット・デメリット

 

テレワークのメリット

 
・情報伝達を工夫する意識が高まる
直接会って伝えられない、見せられないからこそ、「どう伝えれば、どう見せれば相手に伝わるか」を工夫する意識が高ります。
 
・スケジュール・タスク管理に対する意識が高まる
テレワーク作業は、自分自身で基本的に作業スケジュールを引くことができます。会社とは違い誰も自分のスケジュールは管理してくれない分、スケジュール・タスクに対する意識が高まります。
 

テレワークのデメリット

 
・家族との時間が削られることも
夜に作業を行うため、夫との会話を十分にできない期間がありました。
 
→解決方法:この点で少しもめることはありましたが、「なぜ今やらなければならないのか」「いつ終わるのか」を明確に伝えることが大切。そうすれば、夫も「今だけなのか」と理解してもらうことができました。
 

最後に

今回は、サイト制作のボリュームがあるにも関わらず、対面の打ち合わせなし、リリース期限は1ヶ月半というタフなお仕事でしたが、非常に効率的に作業を進めることができました。

 

それは、子供がいるメンバーもいるため、互いに「どうすればスムーズに業務を遂行できるか」を意識しあったからであるといえます。

 

子供が小さいと仕事の作業が遅くなるのでは? と心配する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、子供がいるからこそ、スケジュール管理を徹底するため、プロジェクト単位でのワークも支障なく進めることができます。

 

今後も「テレワークでもしっかりアウトプットが出せる」ということをカタチとして残し、ママの働き方の選択肢がより広がるよう努めていきたいと思います。

 

文/クリエイティブマムズリンク 石井 美貴

 

〜デイジープロジェクト〜
■Webサイト:http://daisy-pj.com/
■Facebook:https://www.facebook.com/daisyproject2016/
■Instagram:https://www.instagram.com/daisy_project16/
■Twitter:https://twitter.com/daisy_project16/

お問い合わせ

種別 
おなまえ
メールアドレス
TEL
お問い合わせ内容

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る
Creative Mom's Link.クリエイティブマムズリンク

share